記事一覧

眼鏡

目の老化を防ぐ方法

加齢と共に誰でも老眼になりますが、予防することもできます。老眼予防には色々な方法がありますが、ストレッチで視力の調整能力を高めることができます。食事ではルテインが含まれている緑黄色野菜や、コエンザイムが含まれている青魚などを食べると効果があります。日常生活では目を使いすぎないようにすることです。

女性

老視と対策

老眼は視力障碍の一つです。老化によってピント調節能力が低下し、近くにあるものが見えにくくなります。一般的には四十代を境に症状が出てきます。純粋な老化現象なので症状そのものを阻止する事はできませんが、眼球体操やサプリメント摂取などで予防することはある程度可能です。
ウーマン

目の老化は早めの対策を

老眼は、誰にでも起こりうる現象です。主な症状は、近くのものが見えにくくなったり、視界のかすみです。しかし、日常生活における心がけで、老眼を予防が可能です。それは、眼精疲労の解消や、栄養バランスとれた食生活を送ることです。

加齢による視力の衰え

目

対処法をチェック

老眼は40歳頃から始まります。誰にでも起こり得る現象ですが、トレーニング次第で、予防することも可能です。目の中には水晶体があり、その周りに毛様体筋という筋肉があります。毛様体筋が収縮することで、水晶体は厚みを変えて物を見ることができるのです。しかし、加齢に伴い水晶体が硬くなり厚さを変えにくくなり、毛様体筋も衰えるので、ピントを合わせづらくなるのです。老眼の予防は、難しくありません。目の体操を行えばいいのです。まずは、鉛筆などを持った腕を前に伸ばし、鉛筆を2、3秒見ます。それから遠くの方を2、3秒見るのを、3セット行います。次に目を強く閉じ、大きく見開いて2秒キープするのを3セット行います。最後に、眼球を上、斜め左上、左、斜め左下、といったように、ぐるっと回していきます。顔は動かさないように注意してください。これらの眼球運動を行うことで、老眼を予防できることでしょう。1日に何回か行うといいです。パソコン作業をしている場合は、1時間に1回は行うのが理想的です。それでも予防できずに老眼になってしまった場合は、老眼鏡を作るといいでしょう。見えにくいことを我慢して生活していると、眼精疲労のせいで肩こりや頭痛などに悩まされることになるからです。老眼は65歳くらいには視力が安定しますが、それまでは進行する恐れがあります。老眼鏡が見えにくくなったと感じたら、すぐに作りかえるようにしましょう。眼鏡ではなく、コンタクトという手もあります。

Copyright© 2018 目が老化する仕組みを解説【老眼は簡単に予防できる】 All Rights Reserved.